LINEポイントルートが陸マイラーに救いの手を/交換率81%/新ソラチカルート誕生!

スポンサーリンク

東京メトロがドットマネー、PeX、ネットマイル、Gポイントとの提携終了発表/2018/3/31まではできる限りメトロポイントへ交換してしまおう!!

2018/1/9、陸マイラーに大打撃、 東京メトロがドットマネー、PeX、ネットマイル、Gポイントとの提携終了を同時に発表しました。

これにより2018/4/1移行は、ドットマネー、PeX、ネットマイル、Gポイントからメトロポイントへの交換ができなくなります。

これまではポイントサイトで獲得したポイントを90%でANAマイルに交換できていましたが、残念ながら、この高還元率はなくなります。

しかし、現実を受け止め、ポジティブに前を見ると、以下2点の事実があります。

  • 2018/3/31まではドットマネーなどの中継地から東京メトロポイントへの交換は可能
  • 現時点、東京メトロからANAマイルへの90%での交換に変更はなし

そのため、すでに保有しているポイントは3/31までにメトロポイントへ交換しましょう。

〇2018年3月までに付与されたメトロポイント→2019年3月末期限

〇2018年4月までに付与されたメトロポイント→2020年3月末期限

そこまで大量に保有している方は少ないと思いますが、1年で移行しきれないポイント保有者は上記期限に気を付けながらメトロポイントへ移行しましょう。

(3月中に交換手続き→4月以降に付与が理想です)

ポイントサイトのポイントなんて残ってないよ、という方も3/31まではポイント付与が早い案件をこなし、できる限りのポイントをメトロポイントへ交換してしまいましょう。

ドットマネー交換で20%増量キャンペーンのモッピーがおすすめです。

あとは、比較的ポイント付与早い外食案件などもいいですね。

また、ECナビがソラチカルートを利用される方を最後まで応援しますと、10%還元キャンペーンを3/31まで延長してくれましたw

3/31までメトロポイントへ交換できることは間違いなさそうですが、今後メトロポイントからANAマイルへの交換にメスが入る可能性はあります。

しかし、まだ起こってない不安で迷う必要はないと思います。最悪そちらも封鎖されたとしてもメトロポイントから楽天スーパーポイント、nanacoへは等価交換できますのでご安心ください。

スポンサーリンク




4/1移行はLINEポイントルート(81%)が新ソラチカルートになる/陸マイラーは卒業しないぞ!!

ドットマネーなどの中継サイトからメトロポイントに交換できなくなる4/1以降はどうしましょうか。

実は、LINEポイントからメトロポイントへの交換終了はアナウンスされていません。

4サイトは同時に提携終了が発表されましたが、そこにLINEポイントが入ってなかったため、LINEポイントからの交換は今後も可能と思われます。

こちらもいづれ封鎖される可能性は確かにあるのですが、まだ発表になってないため、現時点では4/1以降のルートとして考えてよいでしょう。

新ソラチカルート/LINEポイントルートの流れ/交換率81%とまだまだ高還元

それでは、4/1以降の新ソラチカルートとなるであろうLINEポイントルートの流れを見てみましょう。

ポイントタウンとその他のポイントサイトで途中の手順が異なります。

ポイントタウンは直接LINEポイントに交換可能

いずれのポイントサイトも81%でANAマイルに交換可能ですが、ポイントタウンだけ手順が少なくすみます。ポイントタウンは手数料無料でLINEポイントに直接交換可能のためです。

今後他のポイントサイトもポイントタウンに負けじと直接交換できることを期待したいです。

※ポイントタウン(ポイントタウンは20ポイント=1円相当)

モッピーも直接交換できるが、おすすめしません

モッピーもLINEポイントに直接交換できますが、手数料10%発生します。

基本は、後述するルートを利用ですが、面倒だとかちょっとでも早く交換が必要という方は利用できるルートではあります。

※直接交換だとモッピー交換率73.6%

1,100モッピーポイント→1,000LINEポイント→900メトロポイント→810ANAマイル

モッピー含め、ハピタス・ゲットマネー・ちょびリッチなどポイントサイトはこの流れで交換率81%だ!/ただし条件に注意ください

4/1以降交換手順はこれまでより増えますが、モッピー含めハピタス・ゲットマネー・ちょびリッチなど各ポイントサイトから以下の流れでANAマイルに交換すれば81%で交換できます。

ポイントタウンだけLINEポイントに直接交換しますが、ハピタスをはじめとする他のポイントサイトはPeX→ワールドプレゼントポイント(三井住友カード)→Gポイント→LINEポイントと移行していきます。

ここの部分だけの、交換期間含めたイメージが下記になります。

(20,000ptでなく30,000ptで表示しているのは20,000ptだとポイ探の計算がおかしく表示されてしまうため30,000ptで計算しています。)

これまでのメトロポイントへの交換元となるドットマネーやPeXはハピタスから最短3営業日で交換できていましたが、交換元となるLINEポイントへは約17日と少し長くはなります。

交換手順もLINEポイントまで4つ経由しますが、81%維持できるなら私としては全然OK、問題なしです。

GポイントからLINEポイントへ等価にするための条件とは/ポイント手数料還元

あれ、上記フロー見ると、GポイントからLINEポイントへの交換で30,000ptが28,500ptになっているため95%ですね。これでは交換率81%でなく、76.9%ですね。

ここが81%になるための条件です。

30,000ptから28,500ptの1,500pt(5%)は交換手数料です。

ただし、Gポイント→LINEポイント交換の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに対象サービスのポイント獲得が完了していれば、手数料が戻ります。

※2月に交換申請した場合は「1/1~6/30」の期間に対象サービスでのポイント獲得完了でOK。

気になる対象サービスがこちらです。

食べログ口コミ投稿やホットペッパーグルメネット予約など無料のサービスもあり、期間も半年ほどあるため、これなら条件クリアもそれほど難しくはないでしょう。

この条件さえクリアをすると各ポイントサイトからLINEポイントへの交換は実質等価となります。(手数料還元分は対象サービスポイント獲得から2~3日後です)

LINEポイントから東京メトロポイントは0.9倍

Gポイントの手数料還元にて、各ポイントサイトからLINEポイントまでは実質等価で交換となります。

LINEポイントからメトロポイントへは0.9倍、メトロポイントからANAマイルへは0.9倍ということで、結果各ポイントサイトからANAマイルへは交換率81%となりました。

※LINEポイントからメトロポイント(0.9倍)

さらなる改悪がなければ、今後も年216,000ANAマイル貯められます

ドットマネーなど主要4サイトとの提携終了という陸マイラー史上最大の事件で幕をあけた2018年ですが、なんとか新ソラチカルート(LINEポイントルート)の81%は継続して欲しいですね。

交換期間、手順は増えるものの、メトロポイントからANAマイルへの交換上限などに今後も変更発表されなければ、今後も年216,000ANAマイルを貯めることができます。

※月18,000×12=216,000ANAマイル

これまで月20,000ptでよかったポイントサイトの必要ポイントが月24,700pt必要にはなりますが、年216,000ANAマイルは可能です。

ポイントタウン以外のサイトもLINEポイントへ手数料無料で直接交換となる可能性も十分あると思いますので、なんとか良い流れが来るとよいですね。

東京メトロ・ANAにはLINEポイントとの提携終了や、ANAマイルへの交換終了などは、お願いだからやらないで欲しいです。

このあたりの動向から目が離せないですが、皆様にとっても優雅な旅が引き続き続くことをお祈りいたします。

スポンサーリンク
ブログ村(マイレージ)ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする