LINEポイントルート/交換率81%/ANAマイル交換手順/新ソラチカルート

私は、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換し、タダでビジネスクラスなどの旅行を頻繁にしています。

今回は、ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換するまでの手順を案内します。

ポイントサイトとは?どうやって貯めるのという方はこちらの記事からご覧ください。

今だとこちらの案件がおすすめです。

スポンサーリンク

東京メトロからドットマネー、PeX、ネットマイル、Gポイントへの交換が2018/3/31で終了

2018/1/9、陸マイラーに大打撃、 東京メトロがドットマネー、PeX、ネットマイル、Gポイントとの提携終了を同時に発表しました。

これにより2018/4/1移行、ドットマネー、PeX、ネットマイル、Gポイントからメトロポイントへの交換ができなくなっています。

これまではポイントサイトで獲得したポイントを90%でANAマイルに交換できていましたが、残念ながら、この高還元率がなくなりました。

ただ、4/1以降も、メトロポイントからANAマイルへの交換は90%で変更はありません。
3/31までメトロポイントに大量ポイント移行された方は、約2年間今後も90%でANAマイルに交換続けられます。羨ましい~

今後、メトロポイント→ANAマイル(90%)が封鎖されないとは言い切れませんが、ここが残ってくれたのが救いでした。
メトロポイントまでくればその後変更ないため、どうやって各種ポイントをメトロポイントに持っていくかが鍵となります。ずばりLINEポイントです。

スポンサーリンク




LINEポイントルート(81%)が新ソラチカルートだ

4/1以降、ドットマネーなどの中継サイトからメトロポイントに交換できなりましたので、今後はLINEポイント→メトロポイント→ANAマイル(通称LINEポイントルート)で交換することになります。

各種ポイントサイトで貯めたポイントをこのルートでANAマイルにすると81%で交換できます。
3/31までの90%よりは多少下がりましたが、1マイル2円以上の価値があるマイルを引き続き81%で交換できるのは助かりました。

LINEポイントルートは2つあります

ANAマイルへの移行ルートは数えきれないほどありますが、この記事では一番交換率の高い(81%)に絞って案内します。このルートを使えば損しない訳です。
81%以下でも交換手順が少なかったり、期間が短いルートも存在しますが、それは別の機会にでも説明します。

81%のLINEポイントルートは2つのルートがあります。

  • ポイントタウン経由(期間短い)
  • Gポイント経由(期間長い、手数料還元案件こなす必要あり)

どちらも81%です。Gポイントを保有してない方はGポイントルートのことは忘れて大丈夫です。ポイントタウン経由でLINEポイントに乗せましょう。

実は、5月中旬にワールドプレゼント→ポイントタウンへの等価交換ができるようになりました。これによりGポイント経由より短期間で、手数料還元案件行うことなく81%でANAマイルに交換できます。

4/1~5月中旬までは、ハピタスやECナビなどで貯めたポイントをポイントタウン経由でLINEポイントに移行はできなかったため、Gポイント経由する必要がありました。
このルートはGポイント→LINEポイントで5%の手数料が発生します。
手数料還元案件をこなすことにより手数料分が戻るため、実質81%が保てますが、手数料還元案件が面倒なのと、交換期間が長いというデメリットがあります。

私も多少Gポイントにポイント移行したため、これをLINEポイントに移すまではGポイント経由を使うことになりますが、その後はポイントタウン経由を使うことになります。

最新版/ポイントタウン経由LINEポイントルート(81%)/ANAマイルの貯め方はこのルート

各種ポイントサイトからLINEポイントへの移行も大きく2つに分けられますが、どのサイトからでもANAマイルへの交換率は81%です。

  • ポイントタウン→LINEポイント(ANAマイルまでの交換回数:3回)
  • その他ポイントサイト→LINEポイント(ANAマイルまでの交換回数:6回)

ポイントタウンからLINEポイントへは等価交換ができます。

ハピタス、ECナビ、モッピー、ちょびリッチ、ゲットマネーなどのポイントサイトは直接LINEポイントに交換できないため、PeX→ワールドプレゼントポイント→ポイントタウン→LINEポイントと交換する必要があります。

ポイントタウンだけがANAマイルへの交換回数が3回、それ以外は6回と長いですね。
還元率の高いポイントサイトを利用するのがセオリーですが、多少の差であればポイントタウンをメインに使うというのも一つの方法かもしれません。

また、ハピタスなどその他のサイトで貯めたポイントも必ずポイントタウンを経由することになります。ANAマイルを貯める我々にとってポイントタウンは一気に重要なサイトになりました。

最新版LINEポイントルート交換手順

ポイントタウン以外のサイトからANAマイルになるまで6回交換必要です。

頭では理解していても「あれ?次どこに交換するんだっけ?」「交換までどれぐらい時間かかるの?」「初めてだから交換手順を詳しく教えて」となる方も多いでしょう。

以下の記事の目次を見れば、次にどこに移行すればよいすぐに分かります。詳しい手順を知りたい方はキャプチャ付きでその手順も確認できます。

この記事の通り移行していけば81%でANAマイルに交換できますので、是非ご覧ください。

ポイントタウン→LINEポイント交換の流れ

ポイントサイトの交換手順は分かるから、LINEポイントへの交換だけ知りたいという方はここだけご覧ください。

LINEポイントへの交換ですが、スマホアプリLINEがあれば大丈夫です。
LINE PAYカードなども不要

ポイントタウン→LINEポイント交換の流れを見てみましょう。

ポイントタウン上部の「ポイント交換」クリックし、「LINEポイント」をクリックします。

「交換申し込み」をクリックします。


※ポイントタウン(ポイントタウンは20ポイント=1円相当)

登録してある秘密の質問回答入力し「送信」クリックします。

お使いのLINEアプリの「メールアドレス」と「パスワード」を入力し「ログイン」クリック

LINEポイント会員番号をポイントタウンに送信するよというメッセージがでますので「同意して送信」クリック

希望のポイント数にチェックを入れて「交換する」クリックします

交換完了です。(LINEポイントへの反映は交換申請の翌日~3営業日以内)

スポンサーリンク

Gポイント保有者限定/LINEポイントルート(81%)

上で説明したとおり、Gポイントを持ってない方は下のルートを利用する必要はありません。すぐ上で説明したポイントタウン経由を利用ください。

ポイントタウンは直接LINEポイント(ANAマイルまで合計3回交換)
モッピー・ちょびリッチはGポイント→LINEポイント(ANAマイルまで合計4回交換)
その他のポイントサイトはPeX→ワールドプレゼントポイントにまず交換する必要があります。(ANAマイルまで合計6回交換)

ただ、手順は増えますが、81%(条件付き)でANAマイルに交換可能です。

LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルは共通ですが、LINEポイントまでがポイントサイトごとで手順が異なります。

5月中旬以降可能になったワールドプレゼント→ポイントタウンがそれまでできなかったので、ワールドプレゼント→Gポイントと交換する必要がありました。

GポイントからLINEポイントへ等価にするための条件とは/ポイント手数料還元

上記Gポイント経由交換フロー見ると、GポイントからLINEポイントへの交換に等価(条件あり)と記載していますが、気になる条件についてです。

Gポイント→LINEポイントは5%の交換手数料が発生します。

例えば、30,000Gポイントは28,500LINEポイント。1,500pt(5%分)が交換手数料です。

ただし、Gポイント→LINEポイント交換の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに対象サービスのポイント獲得が完了していれば、手数料が戻ります。

※2月に交換申請した場合は「1/1~6/30」の期間に対象サービスでのポイント獲得完了でOK。

気になる対象サービスがこちらです。

食べログ口コミ投稿やホットペッパーグルメネット予約など無料のサービスもあり、期間も半年ほどあるため、これなら条件クリアもそれほど難しくはないでしょう。

この条件さえクリアをすると各ポイントサイトからLINEポイントへの交換は実質等価となります。(手数料還元分は対象サービスポイント獲得から2~3日後です)

(上のフローは17日で交換完了になってりますが、実際は最大で2か月程度かかります)

(Gポイント経由)LINEポイントルート交換手順

LINEポイントルートは経由地点が多く複雑ですね。

今持っているポイント次はどこに交換すればよいかや、実際の交換方法については以下の記事で詳しく説明しています。こちらも是非ご覧ください。

LINEポイントから東京メトロポイントは0.9倍

ポイントタウン経由もGポイント経由もLINEポイントに乗せたあとの手順は一緒です。

LINEポイントからメトロポイントへは0.9倍、メトロポイントからANAマイルへは0.9倍ということで、結果各ポイントサイトからANAマイルへは交換率81%となります。

※LINEポイントからメトロポイント(0.9倍)

メトロポイントからANAマイルへの上限は月20,000メトロポイント(18,000ANAマイル)です。上限いっぱい交換するためには、3/31以前は20,000ポイント貯めれば良かったのが、23,000ポイント貯める必要があります。

LINEポイントからメトロポイントは最高で1,000LINEポイント(900メトロポイント)単位です。

メトロポイント→ANAマイルの毎月交換上限は20,000メトロポイント(18,000ANAマイル)です。
LINEポイントから20,000メトロポイント移行するには、9回この交換操作が必要です(笑)
「1,000LINEポイント(900メトロポイント)」×9回=23,000LINEポイント(20,700メトロポイント)

ちょっと面倒ですがすぐに終わります。

さらなる改悪がなければ、今後も年216,000ANAマイル貯められます

ドットマネーなど主要4サイトとの提携終了という陸マイラー史上最大の事件で幕をあけた2018年ですが、今後も新ソラチカルート(LINEポイントルート)の81%は継続して欲しいですね。

交換期間、手順は増えるものの、メトロポイントからANAマイルへの交換上限などに今後も変更発表されなければ、今後も年216,000ANAマイルを貯めることができます。

※月18,000×12=216,000ANAマイル

これまで月20,000ptでよかったポイントサイトの必要ポイントが月23,00pt必要にはなりますが、年216,000ANAマイルは可能です。

交換手順が少ないポイントタウンが重要になってきましたが、その他サイトもLINEポイントへ手数料無料で直接交換などできるようになるかもしてません。
各社の競争により、手順簡略化や交換率のアップなど期待したいところです。

スポンサーリンク
ブログ村(マイレージ)ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 原 さとし より:

    Gポイント、LINEポイントを経由してメトロポイントに交換するルートを教えていただきありがとうございます。私はまだLINEを利用したことがありませんので、具体的なやり方についてお教えください。
    メトロポイントなど他のポイント口座と同様に、LINEポイントを利用するにはLINEに番号のついた口座(アカウント)が必要な気がしますが、LINE Payを利用しても口座番号などは現れません。LINEポイントの利用のためにはLINE Payカードが必要なのでしょうか。GポイントからLINEポイントへのポイントの移行やLINEポイントからメトロポイントへの移行が出来るようにするためにLINE口座を開設するにはどうすればよいのか、そして、そのLINEポイント口座をどのように操作したらよいのか、教えていただければ幸いです。

    • kou より:

      お待たせして申し訳ございません。
      実際の交換手順について記載した記事をアップいたしました。参考にしていただければ幸いです。
      https://tadatabi.com/archives/2098

      今後も是非コメント・ご意見いただければと思っています。
      よろしくお願いします。

  2. kou より:

    原様、コメントいただきありがとうございます。また、記事とコメントへの返信が遅くなり申し訳ございません。

    LINEアプリの利用があれば、LINE Payカードなどは不要です。
    ポイントタウン→LINEポイントへのキャプチャを追記しましたので参考にしていただけると嬉しいです。
    https://tadatabi.com/archives/942#LINE

    実は、もっと記事追記・修正しなければと思っていましたが、できないままでした。
    コメントをいただき、怠けてられないなと思えました。

    記載いただいたGポイント→LINEポイント、LINEポイント→メトロポイントなどまだまだ不足はありますが、できる限り早く画像など追記するようにします。

    取り急ぎの返信ですみません。
    良かったらたまに覗いてみてください。
    よろしくお願いします。