【最大毎週2千pt・ワンコイン投資】コロナ暴落と共に始めた私の損益を基に解説/投資金額最大2%のLINEポイント還元も狙える!

このブログでは、ポイントサイトで貯めたポイントを現金より価値の高いANAマイルに交換し、タダで優雅に旅をしようなど、お得な情報を扱っています。

本日はマイルじゃなくて投資の話。“LINEワンコイン投資”についてです。

LINEワンコイン投資は、本来の投資部分の魅力にプラスして、投資額に対して最大2%でLINEポイント還元も狙えてしまします。

「債券中心なのでローリスクだと聞いたし、やってみようかな」と興味お持ちの方も多いと思います。

今回は、ワンコイン投資の特徴や、予算別におすすめできるかどうか、LINEポイントの使い道、コロナショックと同時に運用開始した私がどうなったか実体験を含め解説します。

いい話だけでなくデメリットもきちんとお伝えしますのでご確認ください。

長文になるので要点だけ先にお伝えです。

LINEワンコイン投資1

ワンコイン投資は知ってるから「損益状況だけ見たいなぁ」という方は、30秒ちょっとの動画をどうぞ!


ちょっと間違いやすい点が以下なのでここに注意しながらご覧ください。

  • LINEスマート投資には、ワンコイン投資とテーマ投資がある
  • LINEPay残高とLINEポイントは違う
  • LINEスマート投資(ワンコイン投資)とLINE証券は別サービス

ワンコイン投資

広告



Contents

LINEスマート投資/ワンコイン投資とは

LINEスマート投資は、みなさんお馴染みのLINEから簡単に始められる投資。

2つに分かれますが、後述するマイカラー対象はワンコイン投資の方なのでこちらがおすすめ。

  • ワンコイン投資:500円から始められるバランス投資
  • テーマ投資:「ドローン」、「5G」、「京都」などテーマに投資

「5Gってこれから凄んごいらしいからテーマ投資したいよぉ」と思うかもですが、私たちが知った時にはすでに遅かったり、そのテーマがコケた場合のリスクが大きいです。なによりテーマ投資は、マイカラー対象外。

ワンコイン投資の特徴

ワンコイン投資の特徴は以下

  • ロボアドバイザーが自動で配分・運用・調整実施
  • ユーザは選択や調整などいっさい不要
  • 手間がかからない
  • 値動き少な目の債券中心
  • 株式、不動産、コモディティ、現金と分散したバランス投資

個別株(例えばトヨタの株)だと、安く買って高く売るなど、自身で選択する必要あり、素人が手を出すのは怖いし、最低100株からとある程度資金がないとダメですが、ワンコイン投資は500円から気軽に始められます。

LINEワンコイン投資2

債券中心リスク低めのバランス型

ワンコイン投資は始めるまで何にどれぐらい投資されるか見れなくて、ちょっと困りましたが、以下が私が開始した週の投資比率です。

値動きの大きい株式は30%弱ほどで、少な目の債券が60%ほどを占めています。

人によって、時期によってロボアドバイザーが日々調整していますが、比率はこちらと大きく離れたものにはならないはず。(例えば株式比率ががいきなり90%なるとか)

LINEワンコイン投資ポートフォリオ1

以下は楽天証券の金融商品別のリスク・リターンのイメージになりますが、債券が定期預金に次いでリスク低いことが分かると思います。

楽天証券金融商品別リスクとリターン

また、「金融商品」だけでなく、毎週積み立てなので「購入時期」も分散されます。

投資の基本にドルコスト平均法がありますがこれは、価格が変動する金融商品を一定の金額で、時間を分散して定期的に買い続ける手法、のことです。

※SBI証券より:時間分散でリスクを減らす(ドルコスト平均法)LINEワンコイン投資3

右肩上がりを前提とした中で一定額の長期投資ができれば、預金などでは期待できない大きなリターンが期待できます。

※ワンコイン投資のシミュレーション

LINEワンコイン投資運用期待

スポンサーリンク

手数料(報酬料)は?

手数料についてですが、投資において手数料って1つじゃないんですよね。

  • 入金時:0円
  • 購入時:0円
  • 運用中:2020年4月30日まで無料(注1)
  • 出金時:1回300円

(注1)2020年4月30日まで無料の運用報酬料は、それ以降は以下になります。

LINEワンコイン投資運用報酬料

運用額3000万円以上のことをいったん除くと、以下で高い方が適用されます。

  • 年率1.00%(税抜)
  • 月額100円(税抜)

週500円(ワンコイン)から投資可能と気軽なイメージがありますが、月2千円(500円×4回)だと運用報酬料110円(税込)と5%ほどの手数料となります。

リターンが多く期待できないので、少額での投資はあまりおすすめできないでしょう。

年率1.00%になれば、他のロボアドバイザーと比べても同水準でしょう。

  • THEO:通常年率1.00%(実績に応じて最安で0.65%まで引き下げあり)
  • WealthNavi:年率1.00%(税別)

デメリット

ワンコイン投資は投資とは別に、最大で毎週2,000ptのLINEポイント還元があることが特徴ですが、デメリットも理解した上で、始めてほしいです。

投資なので元本割れするかも

債券多めでローリスクと言えど、投資なので元本割れがあります。

普段本ブログでは、確実にお得できるポイントサイトおすすめ案件中心に紹介してますが、ワンコイン投資は損する可能性もあります。

くれぐれも負けても笑っていられる範囲で、余剰資金で自己責任の上、お愉しみください~

銘柄とか選べない

ロボアドバイザーによる分散された投資のため、好きな銘柄選ぶとか、株式比率をもっと下げたいとかの調整もできません。

プロに任せている、選択・調整不要なので初心者にもおすすめで、無駄な時間がかからないというメリットの反面、この点は人によってはデメリットと言えるでしょう。

後半の「投資可能額別にお得か検証/ワンコイン投資やるべきか?」でもデメリット記載しますが、次はメリット(マイカラー制度)についてです。

最大の特徴はマイカラー対象/LINEポイント獲得可能

ワンコイン投資はLINEPayで支払いしますが、投資分はLINEPayマイカラー制度の対象です。

マイカラー制度と還元率

前月1日から末日までのLINEPay利用実績を集計し、毎月1日午前10時にその月のカラー(還元率)が決まります。

LINEマイカラーや2000ptについて1

前月10万円以上利用なら最大の2%還元に。

ワンコイン投資は週最大10万円投資できるので、その場合以下のお得あり。

  • 毎週2,000ptのLINEポイント獲得
  • 4週の月で月8,000pt獲得
  • グリーン継続となるのでずーと2%還元
  • ワンコイン投資以外のLINEPay利用も2%還元(最大100万円の利用まで)

グリーン以外にも還元はあります。

一番下の「月の投資額」は、月4週としてワンコイン投資額を週いくらにすれば達成できるかの金額です。例)月2,500円×4回=1万円なので翌月はレッド

マイカラー ホワイト レッド ブルー グリーン
前月利用額 1万円未満 1万円~5万円未満 5万円~10万円未満 10万円以上
還元率 0.5% 0.8% 1% 2%
月の投資額※ 2,500円 12,500円 25,000円

3/30 16時 LINEより重大発表が!
これまでLINEPay還元は2%が最大でしたが、5/1より最大3%となる新プログラムが開始です。
「LINEマイカラー」が「LINEポイントクラブ」に変更。
ワンコイン投資も引き続き対象なら、毎週獲得できた2千ptが3千ptになる訳です!!

私のLINEポイント付与実績

私は、2/27から毎週10万円でワンコイン投資開始。

3月1日からはグリーン(2%)に昇格。

初回だけホワイト(0.5%)で500ptですが、以降は制度廃止ない限り、毎週2,000pt獲得となります。

LINEワンコイン投資2000pt付与画面1

ワンコイン投資

LINEPay残高とLINEポイント/LINEポイントはどうする?

LINEPay残高とLINEポイントは違いますので、付与されたLINEポイントでそのままワンコイン投資に充てることはできません。

他にもまだまだありますが、LINEポイントとLINEPay残高の主要な用途は以下でしょうか。

※LINEポイント(利用用途狭い)

  • LINEスタンプ
  • LINEデリマ(出前注文)
  • LINEモバイル
  • LINEギフト
  • LINE証券

※LINEPay残高(用途広い)

  • コンビニ、ドラックストア、ファーストフード、居酒屋、電気店などなど
  • ZOZOTOWNなどネットショッピング
  • 東京ガス、東京水道局など公共料金
  • 友達などに送金
  • 銀行口座に出金(1回216円)

以前はLINEポイントはLINEポイントルートでANAマイルに交換できましたが現在は不可ですのでご注意ください。

LINE証券を利用で「用途広いLINEPay残高」へ無料移行可能

用途が狭いLINEポイントですが、無料で作れるLINE証券に1ポイント=1円の等価&即時で交換可能。

LINE証券に移行できた後は、以下の利用も可能

  • LINE証券で別の投資利用
  • LINEPay残高に無料移行
  • 銀行口座へ出金(220円の出金手数料あり)

投資で得たポイントなので、LINE証券で株・投資信託購入に充てるのも良いでしょう。ただ、LINEPay残高で支払いする訳ではないので、マイカラーの2%還元は受けられません。

以下のように移行するだけです。

「LINEポイント」→「LINE証券」→「LINEPay残高」

LINEポイントLINEPay残高LINE証券の移行と用途

ワンコイン投資

ワンコイン投資の方は残念ながらポイントサイトにありませんが、LINE証券の方は200円ですがポイントサイトでお得できますので、必ず経由しておトクしちゃってくださいね~

株が最大7%オフになるいきなりタイムセールが3/26(木)開催決定です!

LINEポイントからLINEPay残高への移行手順/新LINEポイントルート?

実際に、1,000ptのLINEポイントをLINEPay残高に交換してみましたので手順をどうぞ。

※交換前保有状況
LINEPAY残高:324円
LINEポイント:4,402pt

LINEポイントからLINEPay残高への交換1

LINE証券の画面で右下のメニュークリック

LINEポイントからLINEPay残高への交換5

「入金」をタップ

LINEポイントからLINEPay残高への交換6

金額を入力し、「入金する」をタップ

LINEポイントからLINEPay残高への交換8

どこから支払うかの選択になるのでご利用ポイントに移行するLINEポイント数入力し、「0円を支払う」をタップ

LINEポイントからLINEPay残高への交換9

パスワード入力。

LINEポイントからLINEPay残高への交換9.5

ポイント数や支払いが0円なってるか確認し、「決済」をタップ

LINEポイントからLINEPay残高への交換10

リアルタイムでLINE証券に入金完了です。

LINEポイントからLINEPay残高への交換11

ここまでで、LINE証券への入金が完了です。

LINEPay残高には移行せず、このままLINE証券で株、投資信託購入するのもありです。

LINEPAY残高にしたい方は、次に「LINE証券」から「LINEPAY残高」への移行です。

再度、LINE証券のメニューから今度は「出金」をタップ

LINEポイントからLINEPay残高への交換12

出金額入力し、「出金する」をタップ

LINEポイントからLINEPay残高への交換14

金額確認の上「出金を確定する」をタップ

LINEポイントからLINEPay残高への交換15

取引暗証番号を入力するとこちらも即時で交換完了です。

LINEポイントからLINEPay残高への交換16

LINEPay残高に1,000円分加算反映♪

LINEポイントからLINEPay残高への交換17

LINE証券で株・投資信託に投資でも

「LINEポイント」-「LINE証券」に入金後、「LINEPay残高」には移行せず、株、投資信託など利用するのもありです。

私は、ひとまず100円だけ投資信託購入しました。

3/13に100円で購入が3/19時点113円になってます。わーい(笑)

LINEポイントからLINEPay残高への交換13

また、日本の株は100株単位で購入が基本なので、購入するには数十万円ほど必要ですが、LINE証券は厳選した株式を1株から購入可能。複数のセクターに分散して投資したニーズが高いと思いますが、少ない費用でできるメリットがあります。

現在、LINE証券口座開設すると、初株チャンスキャンペーンとして、簡単なクイズ3問答えたら対象銘柄3株の購入代金が貰えます。

私は、2,107円分の国際石油開発帝石の3株が無料で獲得!

LINE証券初株キャンペーン1.1

1株702.4円で購入が、3/19時点で514円ほどに大幅下落中ですが、タダで貰えた株なのでOKとします(笑)

投資可能額別にお得か検証/ワンコイン投資やるべきか?

LINE証券から話は戻り、ふたたびワンコイン投資です。

毎週2千pt貰えるのは嬉しいが、毎週10万円必要になります。

予算は人それぞれですので、次に予算・狙うマイカラー別に、ワンコイン投資がおすすめできるかを検証します。

月5万未満/ワンコインと言えど、少額投資では手数料負けしそう/(ホワイト&レッド)

LINEワンコイン投資は、馴染みのあるLINEで開始でき、ログインなどしなくても、友だちのLINEチェックのついでに値動き確認可能など気軽さはあります。

ワンコインというネーミングもあり、若い人、投資初めてやるには敷居は低く感じますね。

ただ、先に記載した通り、少額の場合月100円の手数料は今後は発生となります。

マイカラーがホワイト(0.5%)やレッド(0.8%)でも投資に対し、還元があるのは嬉しいですが、手数料考慮すると、勝ち安いとは言えないでしょう。

月5万でブルー(1%)還元狙いでは?

ブルー(1.0%還元)狙いなら、前月50,000円~99,999円利用で達成なので月12,500円でOK

12,500円×週4回=50,000円

5回となる月もあるが、週4回だとして、LINEポイント獲得は月500pt

週125LINEポイント×4=500LINEポイント

意外に少なく感じますね。

1%狙いなら、楽天証券のつみたてnisaを楽天カード支払いでも1%還元です。

ワンコイン投資は分配金・売却益などに対し、20.315%の税金発生ですが、つみたてnisaなら非課税なので税金0円。

運用手数料も私がつみたてnisaで選んだ3銘柄と比較しても桁が違います。

楽天証券つみたてnisaの税率

「すでにつみたてnisa開始していて、ワンコイン投資もやる」という方ならまありかもしれませんが、まだやってないなら先に楽天証券つみたてnisaとかがおすすめになってしまいます。

楽天証券なら、投資開始しなくても、口座開設&1万円入金で儲けがあります。

月10万円でグリーン(2%)還元ならまずまずかなと

週2万5千円×4週での月10万円でグリーン(2%)です。

これならグリーン昇格後は毎週500pt(4週で月2,000pt)のLINEポイントが貰えます。

タイミングによっては、ひと月、ふた月ほど手数料月100円発生かもですが、獲得できるLINEポイントや、投資金額からすれば大きい負担ではなくなりますね。

マイカラーグリーンの2%は魅力的ですが、次項の予算の方同様の懸念はあります。

週10万円のワンコイン投資で毎週2千のLINEポイントが醍醐味

週10万円で毎週2千ptのLINEポイントがずっーと貰えるのは、ワンコイン投資の醍醐味でしょう。私も現在は週10万円で運用中。

別途、ワンコイン投資側で利益でてくれたら最高ですが、最悪そちらで損失あっても、LINEポイント付与で補えるのでは?という考えもできますね。

メリットは記載するまでもないので、懸念ですが、

「毎週10万円を投資し続ける資金ありますか?」

私は、当然「いいえ」です。

先が予想困難な投資で同じ金額で投資し続けることで、高値掴みを回避し、勝ち易くするドルコスト平均法も、その効果があるのは何十年と続けた場合の話です。

私で言うと、週10万だと数か月もすれば、資金はなくなります。もっと資金あっても、何十年と週10万できる人は、僅かでしょう。

長期で10万円を投資し続けるのが困難な場合、高値で投資開始し暴落してしまうと損失。回復期待し余剰資金以外まで継続しても、回復前に資金が尽きるなどの最悪パターンもありえます。

コロナショックがなければ、値動き少な目のワンコイン投資で大きな損失ださずに、安定的にLINEポイントを獲得するができていた可能性は高いです。が、現在は値動きがあります。

長期的な投資ができないなら、相場を読み短期的な投機、ギャンブル的な要素が強くなります。

今後株式などが上がるだろうと考えるなら、LINEポイントだけでなく、ワンコイン投資側で大きなリターンも期待できる訳ではあります。

売却について

一度積み立てたら後はやることが少なく、ある意味退屈になりそうなつみたてnisa、iDeCoなどと違い、ギャンブルの要素が強いワンコイン投資は開始した後も、興奮しますし、判断も必要です。(これが楽しいと思う方も多いかも)

開始後も「回復を信じ投資し続ける」、「積立額を変更する」、「売却する」などの選択も必要。

ちなみに、「積立額を変更」や「売却」は以下の「すべての資産」画面から行えます。

LINEワンコイン投資売却

プラスの内に、または早めの損切りなどで「売却する」ことも重要でしょう。

「購入し即売却しても問題ないか」などについては私には分からない部分となります。

投資なのでずっと10万円のまま続ける必要はなく、適度に売却するのは問題ないはずですが、自己責任で最適な判断をしてください。

コロナショックと同時に週10万開始した私の状況

コロナショックの真っただ中開始した私のワンコイン投資を時系列でご覧ください。

2/27(木):最初の10万投資

2/28:0.5%の500pt獲得

LINEワンコイン投資値動き0228

2/29:ワンコイン投資に10万反映(うん。まずまず)

LINEワンコイン投資値動き1

3/1:マイカラーグリーン昇格

3/5(木):2回目の10万投資 (いいね♪)

LINEワンコイン投資値動き0305

3/6:初の2.000pt獲得

LINEワンコイン投資値動き0306

3/8 (まあまあ、これぐらいはLINEポイントでトントンでしょ)

LINEワンコイン投資値動き0308

どうでもいいですが、本当はこのあたりからハワイ旅行でした。

3/10 嘘~ん。

LINEワンコイン投資値動き0310

本当は、このころリッツカールトンワイキキに泊まる予定でした。ハワイでこの損益見なかったのは、ある意味良かったのか・・

3/12:3回目の10万円投資

3/13(金)13日の金曜日です( ノД`)シクシク…(ここが私の最大下落です・・)

LINEワンコイン投資値動き0313.1

3/13:2,000pt反映 (それでも、LINEポイントだけは安定して積み上がります♪)

LINEワンコイン投資値動き0313

損失は株式だけではなかった

3/15時点のキャプチャを載せますが、損失は株式だけでなく、全カテゴリーでマイナスです
(3/19時点でも同様です)

3/15時点の損益

LINEワンコイン投資値動き0315.1

以下はそのカテゴリー別詳細です。

LINEワンコイン投資値動き0315

分散されているので、どこかのカテゴリーがプラスになり、帳尻あわせてくれればという淡い期待をよそに残念な状態です。

3/30追記>
ワンコイン投資はじめて1ヶ月経過。利益確定してませんが、コロナ影響心配した割にちょっとだけプラスの状況。毎週2千ポイント入るお給料はやはりデカい。正直、これがないと厳しいです。

LINEポイントだけは安定して積みあがりますので、あとは、ワンコイン投資側が回復してくれれば最高です。

“資産家は恐慌時に生まれる”という言葉があります。

どこで回復するかの予測は困難ですが、コロナショック始まる前にワンコイン投資開始した人よりは、暴落している現在、または今後、ワンコイン投資を開始することで、ワンコイン投資×LINEポイントの絶好のタイミングが訪れるかもしれません。

ワンコイン投資の登録(口座開設)について

ワンコイン投資の登録は以下ステップで無料でできます。

ワンコイン投資登録3

口座開設と投資開始についていくつかポイントだけ記載します。

  • 無料、5分ほどで登録できる
  • 口座は「特定口座(源泉徴収あり)」選択なら確定申告など不要でおすすめ
  • マイカラー恩恵最大限狙うなら最終週に10万円で開始
  • 登録=運用開始でないため、早めに登録だけおすすめ
  • 引き落とし曜日は投資一任契約開始した好きな曜日に開始可能
  • スマホで完結なら最短翌営業日には開設完了
  • 本人確認書類郵送なら1週間程度かかる

今、マイカラーホワイト(0.5%)だとすると、月初に週10万円で開始では開始月の約4回は0.5%還元です。それでも良いですが、週10万で予定なら、最終週に開始すれば2回目の投資分からグリーン(2%)なので無駄なくマイカラー恩恵が受けられます。

また投資開始が上手くいかなかったり、メンテナンスや故障などないとは言えないので、投資開始は最終週の週初め(月・火・水)あたりに開始がよいかもしれません。

「スマホで完結申込」だと最短翌営業日には開設のようですが、私は写真撮影がうまくいかず、郵送で1週間程度かかりました。

今月から開始したい場合、早めにLINEスマート投資(ワンコイン投資)の登録だけお早めにどうぞ。

残念ながら、ワンコイン投資はポイントサイトにはありません。

ワンコイン投資登録2

ワンコイン投資登録1

そのため、本人確認書類を用意したら、こちらから直接ワンコイン投資の口座開設をしてください。

ワンコイン投資登録4

ワンコイン投資登録5

ワンコイン投資登録6

ワンコイン投資

最後に

今回は投資の話でしたが、いつもは、確実に勝てるポイントサイトのおすすめ案件を紹介しています。

SBI証券なら投資しなくても5千円分お得できます。

楽天証券は開設&1万円入金で千円分還元。金利を100倍に上げたり、楽天市場でのポイント倍率アップも狙えます。

こういった案件でポイントを貯め、貯まったポイントは現金より価値の高いANAマイルに交換し、優雅な旅をすること提案しています。

ポイントサイトで貯めたポイントは、75%交換率・シンプル・早い・ほぼ上限なしの“TOKYUルート”でANAマイルに交換が一番お得です。TOKYUルートの詳細はこちらです。

ワンコイン投資

広告



ブログ村(マイレージ)ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする