大学生陸マイラーのすすめ/休みがとれる学生時代にマイルを貯めて旅行に行こう!

このブログでは、ポイントサイトで貯めたポイントを現金より価値の高いANAマイルに交換し、タダで優雅に旅をしようと提案しています。

マイル貯めて良かったとつくづく感じる私は同時に、「もっと早く貯めていれば良かった」、「学生時代に貯められていたらぁ」とも思うわけです。

せっかくマイル貯まっても社会人だと長期休みが取れても1週間程度・・
これでは、少なすぎますね。

春・夏・冬と長期休みがあり、数日の連休なら比較的簡単に調整できる大学生にこそ、陸マイラー活動をして、留学・旅行を楽しんではいかがでしょうか。
きっと旅があなたを成長させてくれるでしょう。

今回は、マイラー活動に必要になるものは?大学生でもソラチカカード持てるの?など説明しますので、どうぞご覧ください。

「移動距離はアイデアに比例する」byハイパーメディアクリエイター高城剛

スポンサーリンク
広告



まずはマイルの貯め方/陸マイラーについて

ポイントサイトを活用したマイルの貯め方については以下の記事で説明しています。

大学生に特化した内容ではありませんが、こちらが基本になりますのでまずはご覧ください。

以下は、女子大生にマイルの貯め方を説明してきた記事です。あなたが感じる疑問を同年代のミキティが質問してくれているかもしれません。対話形式の記事になりますので参考にしてください。

大学生のみなさん/長期休みは今しか取れませんよ

みなさんご存知と思いますが、社会人になると長期休暇は取れません。

私もせっかく20万マイル以上持っているので、世界一周したいなと思うこともありますが、取れても1週間が限界のため到底無理です。

GW、お盆、正月に有休を絡ませて行くとしても、その時期はマイルでは航空券とれなかったり、ハイシーズンで必要マイル数が多かったり、当然ホテル代も強気な価格設定になってしまいます。

2,4月の春休み、8,9月の夏休み、12,1月の冬休みやそれ以外の時期でも比較的まとめて休みがとりやすい大学時代が最大の旅行チャンスですね。

下は、ANA国内線特典航空券(マイルでとる航空券)のシーズンです。

国内線必要マイル数

ローシーズンなら必要マイル数も少なく行ける訳ですが、みなさん「あっ、ここのローシーズンの間は冬休みだから友達と沖縄行けるな」など想像が膨らみませんか?

考えただけで楽しくなりますよね。

海外に英語勉強しにでも、世界一周しようでも、国内を巡ろうでもマイルがあればあなたの行きたいところに自由に行けます。

社会人になってから、あの時マイル貯めて旅行行っとけば良かった・・と後悔しないように今すぐ陸マイラー活動はじめてみませんか。

必要マイル数含めたマイルの使い方は以下の記事で説明しています。

必須カード/ソラチカカードは大学生でも作れる?

ポイントサイト活用してマイルを貯めてみようとなったら、絶対に必要になるものがあります。

ソラチカカード(クレジットカード)です。

なぜ必要になるかはこの後のLINEポイントルートの記事で説明していますが、これがないとポイントサイトのポイントをANAマイルに交換率81%で交換することができません。

クレジットカードは複数持ちたくないという方も多いかもしれませんが、その場合もソラチカカードは必須ですのでこちらを申込しましょう。

大学生がソラチカカードを持てるのか心配なかたもいると思いますが、それほど難しくありません。

大学生ソラチカカード

年会費発生しますが、初年度無料。翌年度から1年2,000円(税別)発生ですが、入会時、継続毎に年1,000マイル貰えます。

また、お申し込み対象は以下です。

18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または高校生を除く18歳以上で学生の方。※1

一部、お申し込みになれない学校があります。

※1 日本国内の金融機関に個人口座をお持ちの方に発行します。

学生であれば収入がなくても発行できます。その場合親の属性に発行可否が左右されますが、以下の点から発行できる可能性が高いです。

  • 大学に行かせるだけの収入が親にある
  • カード会社も将来有望な大学生に学生の内にカード作って貰いたい

今なら、ソラチカカード発行でポイントサイトから7,000円相当のポイントが貰えます。

このポイントも81%でANAマイルにできるので5,670ANAマイルです。

羽田ー那覇レギュラーシーズンでも往復2万マイルです。これだけで1/4が貯まるわけです。

ポイントサイトからANAマイルへ/LINEポイントルート

各ポイントサイトからANAマイルへの交換ルート(LINEポイントルート)は以下です。

20190304【スケジュール付】【最新版】LINEポイントルート

LINEポイントルートの詳細は以下で説明しています。

「ポイントサイトは複数あるが一番高還元になっているサイトでこなす」、が鉄則ですが、ハピタス、ECナビからANAマイルにするにはワールドプレゼント対応した三井住友VISAカードが別途必要になります。

年会費無料のエブリプラスもそのひとつですが、リボ専用カードですので注意ください。

個人的にはハピタス、ECナビのポイントは以下デメリットがあるので無理にマイルにしなくれもよいと思います。

  • もう1枚クレジットカードが必要になる
  • 交換手順も6回と多い。時間もかかる

「それ以外のポイントサイトを利用する。」、もしくは「ハピタス、ECナビのポイントが一番高いならそちらを利用してポイントを貯めるがその分は現金にする」というのもよいでしょう。

話は変わりますが、ポイントサイトで還元が大きいもののひとつとしてクレジットカード発行案件があります。

ただ、大学生の内は短期間に大量のカード発行などはせずに、年に1,2枚程度がよいかと個人的には思います。

大量発行はせず、作ったクレジットカードはしっかり利用し、遅延することなく支払いし、学生時代はクレヒス(クレカの信用情報)を積み上げましょう。

おすすめ案件

最初は無料期間(31日)に解約すれば料金いっさい発生せず、ポイントインカムなら即時でポイントが入るU-NEXT案件などおすすめです。

コーヒー好きで大量ポイントが獲得できるネスレ案件もよいでしょう。

ネスレ案件なら一撃で2万マイル以上分獲得できます。

2万マイルあれば、沖縄、北海道、中国、台湾、フィリピンあたりが行けます。

半年もたてば、どんどん(月18,000マイルずつ)ANAマイルに変わっていくでしょう。

最後に

このブログでは、ポイントサイトで貯めたポイントを現金より価値の高いマイルに交換し、タダで優雅に旅をすることを提案しています。
マイルはどうやって貯めるのという方はこちらもご覧ください。

「あなたもマイルを貯めませんか?」
この質問に答える前に、漫才コンビ“かまいたち”の2018年M-1決勝ネタをご覧になってください。あなたが後悔しないためにも。

スポンサーリンク
広告



ブログ村(マイレージ)ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする