FX案件のすすめ【DMM FX】18,000pt ハピタスでポイント大幅増量中

こちらはFX案件で高ポイント獲得できるという記事ですが、2018年時点FX案件は以前のような高還元が少なくなり、高還元でも獲得条件が厳しかったりします。
それでも、稀に好条件のものがでたりしますので、参考になさってください。

【FX案件】一気に大量ポイント獲得できます

私がポイントサイトでおすすめするのはFX案件となります。

ショッピング時にハピタスなど経由してポイント獲得などもよいですが、それほど多くのポイントは望めないためコツコツ続ける必要があります。

しかし、FX案件は一気に10,000pt以上獲得できるものもあり、トータルでは10社以上あるため、全部こなせば10万pt以上獲得できます。

FXと聞くと、「負ける」、「ギャンブル」、「破産」という負のイメージがでたりで、始めるには抵抗がある方も多いかと思います。
ただ、あくまでFXで勝つことを目的にせず、ポイント獲得の最低条件をこなすことだけを意識することで確実に得をすることができます。

【DMM FX】18,000pt ハピタスでポイント大幅増量中

FX未経験の方も、DMM FXを聞いたことがある方も多いと思います。
ハピタスでは通常10,000ptのところ、現在18,000ptと大幅にポイントアップ中です。
興味があったけど始めてなかった方は今が最大のタイミングとなります。

ハピタス登録まだの方は以下からどうぞ!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

現在であれば、ハピタストップページのハピタスセレクションに【DMM FX】18,000pt が表示されています。

ハピタスセレクション

確かに18,000ptとなっています。

ポイント対象条件を確認しましょう

申込みの前にポイント対象条件を見ていきましょう。

【ポイント獲得条件】は、新規口座開設 + 申込日から60日以内に初回一括5万円、新規1lot以上取引となります。

【ポイント却下条件】に、「ポイント目当てと判断された場合」がありますが、私は他社のFX案件含め付与されなかったことはありません。最低条件の1lotだけでは心配なのでと2,3lotやる方もいるようですがくれぐれもFXにはまらないよう注意しましょう。

もちろん、前からFXに興味があり今後も続けたいという方はよいかもですが、あくまでポイントサイトでマイルをため優雅な旅をされたいというのであれば最大でも2,3lotに留めましょう。
ここで数万とか負けると、あとでやる他のFX案件も負けを取り戻すためだけの処理となり、気分的にもつまらないものとなってしまいますね。

また、「ポイント付与する段階で全額出金処理(再度入金も対象外)をされているもしくは口座解約をされたお客様」も却下対象のため、ポイント付与されるまでは出金しないようご注意ください。

FX用語

FXのプロになる訳ではありませんが、最低限の説明をいたします。

●1lot
Lot(ロット)とは、FXを行うときの取引単位のことです。
基本的に、1lot=1枚=1万通貨、です。
(FX会社によっては1lot=1,000通貨のところもあります)

米ドルであれば、1万USDの取引は100万円分の取引を行うことになります。(1ドル=100円の場合)

●レバレッジ
100万円の取引が必要なのに、入金は5万円でよいのかと、一瞬ポカーンとなります。
じつは、FX会社はレバレッジという制度を導入しています。
これにより、テコの原理と同じように、少ない力(資金)で大きなものを動かすことができます。

具体的には、基本投資額の25倍の取引をすることができます。
FX業者に証拠金(保証金)を渡し、それを元手に何倍もの価値のある通貨を買う(売る)という投資ができます。

例えば1ドル=100円の時に、銀行で1万ドルを外貨預金する場合、100万円の資金が必要になりますが、レバレッジがあるため、約4万円で1万ドル相当(4万×25=100万円=1万ドル)の取引ができます。

●スプレッド
スプレッドとはFX会社の外貨交換手数料のことで、売値と買値の差のことです。
DMM FXのUSDのスプレッドは0.3銭です。

1銭は、1円の100分の1です。
0.3銭は「3円の1,000分の1」とかなり小額ですが実際は10,000通貨で取引するため、手数料は30円となります。

具体例をだして説明すると、1USDが118.456円で買えるとき、118.456円では売れません。
手数料0.3銭あるため、118.456円で買えるときは、118.453円で売れます。
1万USDで言うと、118万4千5百60円で買って、118万4千5百30円で売れます。
そのため、この間に通貨の変動がなかった場合、差額の30円だけ損失が発生することになります。

気をつけるべき点

これまで説明した通り、FXで儲けようとせず、最低条件を達成することのみを意識すれば、FX案件はかなりお得です。

スプレッド0.3銭で1lotが条件なら、為替変動ない場合損失は30円です。
それなのに18,000ハピタスpt(16,200ANA)獲得できます。

DMM FXの条件を例に説明をしてきましたが、FX会社によっては、スプレッドが0.5銭だったり、1万単位でなく30万単位を条件とするところもあります。

申し込みする前に、まずは損失目安(スプレッド×取引単位)を計算してみましょう。

スプレッド0.5銭、1lot=1万通貨のところで30lot=30万通貨が条件だった場合、1,500円が損失目安額となります。
※0.5銭(スプレッド)×30万(取引単位)=1,500円(損失目安)

ここに為替変動次第で得することもあれば損することもある訳ですが、何度も言うように根拠のない勝負は避けたいため、為替変動を最小限に抑えるため、売り買いを即時(数秒)に実行するようにしましょう。

その他、いくつかのポイント(注意点)を記載いたします。

最初は条件が1lotのものを選びましょう。
・入金する証拠金の条件が5万円の場合もできれば倍の10万円ぐらいは入金しましょう。
(レバレッジを抑えられることと、ポイント目当てと思われるリスクも下がると思われます)
・FXで儲けたくなっても、冷静にポイントのみを確実にねらうようにしましょう。
売り買いを即時(数秒)で決済しましょう。
・為替損益を最小限にするため、海外市場の時間帯や、大きな経済指標が発表されるような時はやらないようにしましょう。
(毎月第一金曜日はアメリカで雇用統計というものが発表され変動が大きくなりますのでやめましょう)

これらの点に注意しながら、是非FX案件に挑戦しましょう。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ブログ村(マイレージ)ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする